物質化学工学科



化学システム工学 Chemical Engineering

火の用心のサイエンス

准教授 桑名 一徳

〔経歴〕
東京大学大学院工学研究科,博士(工学)
〔趣味〕
犬の散歩
スタッフ
准教授   桑名 一徳
専門分野
燃焼工学,安全工学
研究キーワード
火災、爆発、模型実験

研究概要

近年の技術の発展や多様化のため、以前は考えられなかったような事故が起こるようになってきました。このような事故を防ぐためには、扱っている物質や作業のリスクを正しく評価し、リスクが高い場合は、リスク低減対策を実施することが大切です。そのためには、災害現象を科学的に解明し、的確にリスクを評価する技術が求められます。

火災や爆発は、企業や工場だけではなく、一般家庭でもリスクの高い危険有害要因です。火災や爆発のリスクを的確に評価し、リスク低減対策を提案・実施する目的で、火災旋風やガス爆発など、被害の大きい現象の科学的な解明に取り組んでいます。

一般に、火災や爆発は大規模な現象で、そのような規模の実験を行うのは困難です。そこで、大規模な現象を小規模実験で再現する模型実験の手法や、理論解析・コンピュータシミュレーションなどにより研究を進めています。

再現された関東大震災時の火災旋風(1) 再現された関東大震災時の火災旋風(2)

模型実験により再現された、関東大震災時の火災旋風(竜巻状の炎)