物質化学工学科



生態と生体に配慮した環境技術を目指して

助教 高畑 保之

〔経歴〕
東京工業大学大学院総合理工学研究科,工学博士
〔趣味〕
ペン画,ポタリング,アコースティックギター
スタッフ
教 授   高橋 幸司
助 教   高畑 保之
技術職員 松田 良弘
専門分野
化学環境工学,生物反応工学
研究キーワード
バイオマス,生分解性ポリマー,河川を中心とした水循環環境モデル,臭気対策技術

研究概要

化学工学の基盤技術のひとつであるシステム工学や反応工学を道具に、環境中の水循環や汚染物質の挙動をモデル解析したり、酵素工学やバイオマスの有効利用などに関する新技術の開発研究を行なっています。 多くの皆さんにとって「化学工学」は「化学」よりも馴染みの薄い学問分野でしょう。化学工学はエネルギーや物質の流れ、またエネルギーや物質の生成速度や消費速度に注目することを基本的な考えとします。

エネルギーや物質の流れ、またその速度に注目するなら、考える対象が地球や環境のような大きな系であっても、細胞のような小さな系であっても、私たちの身の回りの装置であっても、考え方、そして解析の手段は差がありません。

化学工学はエネルギーや物質のあるところ、どこでも適用可能な学問です。

研究例

液体混合技術は大切な技術。この技術がハイテク産業を支えます。 光触媒の存在下で水を太陽光で分解しクリーンエネルギー水素を作ります。
余った米や農作物から生分解性ポリマーを作ります。 光で電気を起こす新しいタイプの色素増感型太陽電池を開発

他に、固液の効果的な混合、攪拌機を用いた晶析・微粒子生産、食用油の浄化装置、コメ種子の発芽特性制御、河川浄化、コンポスト生産、牛乳のアレルゲン低減などの研究を行っています。